コア研究開発技術

最も完全な状態で保存できる菌種庫

弊社は現在、300株の菌種を保有し、超低温液体窒素冷凍システムでベニクスノキタケ菌種を保存、同時に定期的に菌種の継代培養を行い、光学顕微鏡及び走査電子顕微鏡を用いて菌糸体や子実体成長の形態的観点からの解析を行い、更に化学組成マッピング及びDNA型品種鑑定(専門機関に委託)によって菌種の確認をする。


正しいベニクスノキタケを栽培し決定するために、
当社は使用する菌株を以下のところへ:
食品工業発展研究所の菌種鑑定及び秘密保存
台湾大学生物資源及び農学院実験林管理処による菌種鑑定
中国科学院微生物研究所による菌種鑑定
ベニクスノキタケのrDNA菌種鑑定データは世界的に最も完全な米国生物工学情報センター(NCBI)のジェンバンク(GenBank)を対比し菌種の唯一性を確定している。NCBIは米国国立衛生研究所(NIH)に属する。

牛樟原木での栽培技術/子実体技術

合法的に取得した牛樟の短木を使用し、精密機器の厳しいコントロールの下で温度と湿度を一定に保ち、安全で汚染ゼロの人工殖菌栽培技術により、野生のベニクスノキタケと全く同様の完全な有効成分を含む子実体を研究・開発・培養する。

10万級の環境制御クリーンルームにて栽培,清潔な環境を厳密に管理します。
新技術の制御装置で温度、湿度を管理します。
専門業者が巡査及びメンテナンス

効率的な固態培養技術

高速固体培地で4-6ヶ月間培養し、成分が野生の子実体に最も近いベニクスノキタケを育て、ベニクスノキタケの生産コストを削減し、消費者の負担を軽減する。

1万級の環境制御クリーンルームにて栽培,清潔な環境を厳密に管理します。
新技術の制御装置で温度、湿度を管理します。
専門業者が巡査及びメンテナンス