牛樟芝情報

牛樟芝

学名:Antrodia cinnamomea (Taiwanfungous camphoratus)

ベニクスノキタケはその外観と生長環境が霊芝に似ているため、当初は霊芝の一種であると考えられていました。また、台湾におけるベニクスノキタケの食用の歴史は二百年近くあり、食用効果は霊芝より優れていると言い伝えられていました。そのため、「霊芝の王」と称えられ、薬用の価値があると言われています。香り高く、味は極めて辛くて苦く、一般には樟菇・牛樟菇・クスノキタケ ・ベニクスノキタケなどと呼ばれています。ベニクスノキタケは日陰で湿気の多い環境を好み、一般的には、台湾山間部の海抜450~2000メートルにある枯死した牛樟樹の幹だけに生育します。ベニクスノキタケは環境に恵まれた台湾特有の真菌であり、現在台湾で最も高価な野生の薬用真菌なのです。

ベニクスノキタケは台湾特有の牛樟樹上でのみ生長するため人工で菌を培養し栽培するには高度な技術力が必要であり、さらにその希少価値を高めています。そのため生物科学技術によりベニクスノキタケの栽培と生産を行うことは現在、最も注目の人気産業なのです。